Q. 『美肌247』を書いているのは?▼
Q.愛用アイテム、お手入れ方法は?▼
Q.これまでのレビューを一覧で見たい▼
Q.プチプラコスメのレビューは?▼
Q.手っ取り早くお薦めが知りたい▼
2017年01月09日

ヴァントルテ 美容液ミネラルリキッドファンデーション より肌に優しいノンケミカルに

ミネラルファンデーションのデータベースを作成し始めた時に知った、国産京都発ミネラルコスメブランド・ヴァントルテ。
去年スキンケアラインのルクークを使ってみましたけれど、メイクものは減りが遅くなかなか機会がないなと思っていた所、ヴァントルテさんより商品提供の機会を頂きました。

ヴァントルテ 美容液ミネラルリキッドファンデーション.jpg
 ヴァントルテ ミネラルファンデーション 35g 3500円+ SPF25 PA++

美容成分を贅沢に配合したノンケミカルファンデ


こちらは美容液成分を80%以上配合したリキッドファンデーションです。
コラーゲン、プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、プロテオグリカン等の美容成分がたっぷりIN。メイクしながらお肌をケアできます。

ところでヴァントルテのリキッドって、ミネラルコスメにしては成分が…?というイメージがあってもともとパウダーのみチェックしていたのですが、2016年2月26日(金)よりリニューアルしていたのです。
シリコンがっつりからノンシリコンファンデ、紫外線吸収剤も不使用とノンケミカルへ大きく方向転換していました。
全成分(旧): シクロペンタシロキサン、水、イソノナン酸イソノニル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、PEG−10ジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル−2、クオタニウム−18ヘクトライト、加水分解コラーゲン、ホホバ種子油、スクワラン、セラミド1、セ ラミド3、セラミド6U、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、カッコンエキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸N a、シアノコバラミン、プラセンタエキス、ノバラ油、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、カルボマー、キサン タンガム、フェノキシエタノール、メチルパラベン、(+/−)酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカ 、水酸化Al、シリカ
 ↓リニューアル後↓
水、 マイカ、 テトラデカン、 プロパンジオール、 酸化亜鉛、 ラウリン酸メチルヘプチル、 ホホバ種子油、酸化チタン、ダイマージリノール酸ジイソステアリン酸ポリグリセリル−3、 トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、 ミリスチン酸オクチルドデシル、 (ジイソステアリン酸/ポリヒドロキシステアリン酸/セバシン酸)ポリグリセリル−4、 イソステアリン酸、 硫酸Mg、 グリセリン、 酸化鉄、 水酸化Al、 カプリル酸グリセリル、 ステアリン酸イヌリン、 ステアリン酸、 レブリン酸Na、 セバシン酸イソステアリル、 アニス酸Na、 トコフェロール、 グリチルレチン酸ステアリル、 ステアロイルグルタミン酸2Na、 ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、 酸化スズ、 スクワラン、 加水分解コラーゲン、 プラセンタエキス、 ラウロイル乳酸Na、 アセチルヒアルロン酸Na、 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、 ヒアルロン酸Na、 セラミド1、 セラミド3、 セラミド6U、 加水分解シルク、 水溶性プロテオグリカン、 フィトスフィンゴシン、 コレステロール、 アロエベラ葉エキス、 クロレラエキス、 カルボマー、 キサンタンガム、 水溶性コラーゲン、 マンニトール、 アセチルデカペプチド−3、 ヒト遺伝子組換オリゴペプチド−1、 カイコまゆエキス、 BG

以前はパウダー以外興味がわかなかったのですけれど、一気にリキッドも使ってみたくなりました!
まだ合成ポリマーなども少々使われていますが(おそらくコーティング用)、別物?!と言ってよいくらい変わっています。
リキッドファンデは性質上乳化剤を使うことが一般的になるので、どうしても全くのシンプルになることは難しいです。

毛穴もつるん♪軽い仕上がり


ヴァントルテのリキッドファンデは全4色。
私はニュートラルな色白なので、一番明るいハイライトベージュを選択。

ヴァントルテ ファンデーションカラーチャート.jpg

スフレやホイップのようにふんわりとしたムースリキッドです。

ヴァントルテ リキッド ハイライトベージュ.jpg

やわらかいのでのびもよく、ミネラルファンデとしてはなめらかに伸ばせる方だと思います。
さすがにケミカルほど均一にはなりませんが、ストレスなくなじませることができます。

一番明るいハイライトベージュと他社を色比較。
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール、ライトナチュラルと、
ともに各ブランドで一番明るそうな両2色を比べてみましょう。

クリアエステヴェールはピンク寄り、ヴァントルテは黄味寄りのオークルと、同じ一番明るい色を選んでも全く違った印象になるのですね。

ヴァントルテ リキッド×クリアエステヴェールLN.jpg
上から
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール ライトナチュラル
ヴァントルテ ミネラルファンデーション ハイライトベージュ

ハイライトベージュは、顔に乗せてみると他社と比べると白目かも?と思いましたが、このように比較してみると黄味があり、白すぎず黄色過ぎず、薄付きですしちょうど良かったです。
日本人の肌にはどちらかというとオークル系の方が無難ですね。
ヴァントルテでは3gの5日分サンプルも用意されており、使用感チェックには良いと思いますが、色選びにはそう深刻になることはないかと思います。

仕上がりはかなり薄付きです。
薄付きリキッドにありがちな塗らない方が綺麗…というムラ付きにはならず、薄ーくヴェールがかかったような仕上がり。
シミ、そばかす、クマなどはほとんど隠れないと思います。
個人的には赤みはかなり軽減されました。
また、軽いタッチなので角栓があると目立つタイプ。
粗を埋め立てると言うより光で飛ばすタイプかなと思います。

鼻は厚塗りにならずパウダーよりずっと綺麗な仕上がりでした。
毛穴の黒ずみはつるんと隠してくれて鼻は毛穴レスの美しい仕上がり。
多分肌のきれいな方ならこれ1本で素肌美人という感じになるのだと思います。
落ち方もパウダーより自然です。
美容液80%と謳うだけあって、なかなかリッチな使用感。ツヤがあるリキッドです。
油分多めで肌を整えていると若干オイルオフしたくなりますが、1日中肌を潤ったままの状態に守ってくれます。

このリキッドファンデは石けんでオフできます。
結構リッチなので1回ではまだ水をはじく感じが残りましたので、2度洗いがお勧め。

個人的には鼻はこれだけでいい(笑)
でも私には隠したいものがたくさんある肌で、単品で使うにはカバー力不足なので、下地として使うことになりそう。
色つき下地という感じで、日焼け止めよりも白くならず自然に仕上がる印象です。
SPF25と日常使いにピッタリの防御率。

ストレスなくのばせますし、ミネラルファンデーションならではのナチュラルで軽い仕上がりをお好みの方はぜひ。
 ミネラルファンデーション【VINTORTE】

bn_review-list.jpg

スポンサーリンク



posted by ウーナ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァントルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック